【推薦!未公開カンフー映画】燃えよデブゴン!お助け拳(用牙老虎TWO TOOTHLES TIGERS)94分

投稿者: | 2023年4月22日

カンフー映画としておすすめ度 ★★★★★★★★☆☆

ユエン・シンイーを主演に迎え、サモ・ハンが助演し、チュン・ファットやリー・ホイサンと戦い、ラストバトルではワン・ロンウェイまで登場する豪華キャスト作品ながらも、(燃えよデブゴン)シリーズ唯一の国内未ソフト化作品!!

作品紹介

今回ご紹介する作品は、ユエン・シンイーが主演し、サモ・ハンが助演したコメディカンフー作品です。

それでは、まずはあらすじから、

デブゴン軒で働く料理人シュウチンは、今日もある富豪の邸宅で、出張料理人として料理を作りに行っていたが、

そこで、騒動に巻き込まれ、その邸宅の主殺しの罪を着せられそうになる。

しかし、シュウチンはその主と外見が瓜二つだったために、変装し、なんとか主に成りすますが、

その主殺しの事件は、実は、ある男が仕組んだ罠だったのだった!?

サモ・ハンキンポーが製作と武術指導、出演とマルチにこなし、主演にユエンブラザーズユエン・シンイーを迎えたコメディカンフーアクション作品です。

本作、(燃えよデブゴン)(詳しくはこちら)シリーズの中でも不遇中の不遇作品で、他の作品はVHSかDVD、ブルーレイ等なんらかのパッケージソフトが発売されていますが、

何故か本作だけはテレビ放映のみで、日本版のソフトがリリースされなかった作品になります。

内容的には他の作品のように十分楽しめるカンフー作品で、特に何かの問題があるわけでもありませんので、

本当に何かのはずみで、見過ごされてVHSにもならなかった、という感じだと思われます。

海外ではDVDも発売されたようですが、、。

そんな不遇な作品である本作ですが、まずは、キャスティングの豪華さが凄まじく、他のカンフー作品では見られないような異色のキャスティングが実現しています。

まずは、勿論サモ・ハンキンポー、本作ではリョン・カーヤンを主演に招いた(斗え!デブゴン/燃えよデブゴン地獄の危機一髪)(詳しくはこちら)や、

トン・ワイを主演に迎えた(プロジェクトD/燃えよデブゴン9)(詳しくはこちら)、ユン・ピョウを主演に迎えた(モンキーフィスト猿拳/燃えよデブゴン5)のように、

主演を他の若手に任せて、自身は助演の立場で作品を盛り上げています。

サモ・ハンキンポー

で、そのサモ・ハン作品の主演、という大役を担っているのは、(妖怪道士)(詳しくはこちら)シリーズや(ドラゴン酔太極拳)(詳しくはこちら)等の

ユエンブラザーズ作品で、主に悪役として活躍しているユエン・シンイー

ユエン・シンイー

本作では、人気の妖怪のような容姿の悪役ではなく、サモ・ハン作品らしい頼りなげな、コメディカンフーヒーローを楽しそうに演じています。

さらに、本作では主人公と、主人公が入れ替わる(恐らく黒社会関係の)富豪のボス役、と一人二役を演じ、物語を盛り上げていきます。

ただ、二役の演じ分けの方法が、悪党の方を演じる時は、帽子かちょっと長めの普通の髪型で登場し、主人公の方を演じる時は、

目茶苦茶違和感のある鉄腕アトムのようなヅラを着用して登場

しますので、終始気になってしょうがないので、特に無くてもよかったような気がしますが、、、。

で、その主演二人を悩ませるのは、アトムでは無い方のユエン・シンイーが演じる組織のボスの部下で、

実はボスの奥さんと不倫を働きつつ、ある腹黒い計画を進めている、という真の悪党で、その悪党を、(燃えよデブゴン7 鉄の復讐拳)(詳しくはこちら)や、

妖術秘伝鬼喰鬼 /燃えよデブゴン8クンフーゴーストバスターズサモ・ハン作品常連のチュン・ファが演じています。

いつものように誰が見ても悪役と分かる扮装で、アトムを追い詰めていきます。

チュン・ファ

そのチュン・ファ非アトムのボスの兄弟分ではあるものの、親から託された宝の地図を巡って激しいバトルを繰り広げる事になるライバル役で、

燃えよデブゴン カエル拳VSカニ拳)(詳しくはこちら)や(燃えよデブゴン7 鉄の復讐拳)等、こちらもサモ・ハン作品ではお馴染みのリー・ホイサンが出演し、アクションシーンを盛り上げています。

さらに、同じくボスの部下役のズッコケ要員担当で、(プロジェクトA)や(ファーストミッション)、(密宗威龍)(詳しくはこちら)等のサモ・ハン作品でお馴染みのタイポーが、

いつものコミカルな演技で作品世界を明るくしています。

タイ・ポー

さらに、チュン・ファと共に計略を巡らすボスの悪妻役で、(燃えよデブゴン)や、(燃えよデブゴン正義への招待拳)(詳しくはこちら)等の

デブゴンシリーズには欠かせない女性キャストにメグ・ラム

メグ・ラム

さらに端役として(燃えよデブゴン 正義への招待拳)や(チャイニーズゴーストストーリー)等の名脇役ウー・マ

ウー・マ

という感じで、サモ・ハン作品の常連キャストにユエンブラザーズユエン・シンイーが参加したようなサモ・ハン印全開のキャスティングになっています。

で、本作の異色ぶりは、このサモ・ハンチーム+ユエンブラザーズという(燃えよデブゴン7鉄の復讐拳)でもあった混合キャストに、

ラスボスとしてショウブラザーズ社製作作品の名悪役として知られるワン・ロンウェイが加わる事で、他の作品とは一線を画する唯一無二の魅力を放つ作品となっています。

ワン・ロンウェイ

あの、サモ・ハン作品でお馴染みの名悪役であるリー・ホイサンチュン・ファがラストバトルまでの前振りのような役割になる程の強敵です。

しかも、このワン・ロンウェイ、後半になってからの登場ではありますが、いざ登場すると、

あっという間に他の悪役キャラクターは霞んでしまい、誰が見てもラスボスとはっきり分かるぐらいに存在感を発揮していきます。

流石の貫禄です。

見方によっては、お宝の地図の争奪戦、というそれまでのドラマの積み重ねを0にしてしまうような急抜擢ですが、

ワン・ロンウェイの力強すぎる技の連続に、どんどんと散っていくキャラクター達が可哀そうに見えてしまうぐらいの、ある意味爽快感のある悪役なので、

ドラマ自体は、後半もう、どうでも良くなってしまいますが、カンフーアクション作品としては十分すぎる程のバトルが堪能できる作品となっています。

恐らく、このショウブラザーズ社の看板悪役、ワン・ロンウェイの参加が本作でもかなりの売りと考えていたようで、

登場は後半だけなのに、リー・ホイサンチュン・ファ、そしてラストバトルでサモ・ハンユエン・シンイー、という本作のメインアクションキャストと全員しっかりとしたバトルが描かれる、

という下手したら主人公よりも目立つぐらいの活躍を見せてくれます。後半のみですが、、。

リー・ホイサンVSワン・ロンウェイ
チュン・ファVSワン・ロンウェイ
ユエン・シンイー、サモ・ハンVSワン・ロンウェイ

という事で、サモ・ハン作品としては、やはりサモ・ハン出演シーンが少ないのは残念ではありますが、

サモ・ハンチームの作品にワン・ロンウェイユエン・シンイーという、普段は別のフィールドで活躍している有名カンフースターが豪華共演しているという貴重な作品となっていますので、

カンフー映画好きの方等、機会がありましたら是非ご鑑賞してみて下さい。

因みに、本作の監督は、その後サモ・ハンプロデュースで(霊幻道士)(詳しくはこちら)を監督する事になる、リッキー・リュウで、

武術指導にユン・ピョウラム・チェンイン、ビリー・チャンと物凄いメンバーが参加していますので、

スタッフ・キャスト共にサモ・ハン印全開の一流どころが結集して製作した作品となっています。

作品情報

1980年製作 香港製作 カンフーアクション

監督 リッキー・リュウ 製作 サモ・ハンキンポー 武術指導 サモ・ハンキンポー、ユン・ピョウ、ビリー・チャン、ラム・チェンイン

出演 ユエン・シンイー、サモ・ハンキンポー、ワン・ロンウェイ、タイポー、チョン・ファ、リー・ホイサン、メグ・ラム、ウー・マ

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す