電撃脱走 地獄のターゲット(SITTING TARGET)93分

投稿者: | 2020年5月23日

お薦め度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

殺意と金を抱いて倫理観の低い脱獄囚が疾走するノンストップアクション!

1972年製作 イギリス製作 アクション

監督 ダグラス・フコックス 原作 ローレンス・ヘンダーソン

出演 オリヴァー・リード、イアン・マクシェーン、ジル・セント・ジョン

アクションシーンは見ものです

監督は空中戦が見どころの傑作(スカイライダース)、(ブラニガン)などのダグラス・ヒコックス。出演は(三銃士)、(四銃士)などのオリヴァー・リード、前年の(007ダイヤモンドは永遠に)でボンドガールにも選ばれたジル・セント・ジョン。そして近年(ジョン・ウィック)シリーズや(エッジ・オブ・バイオレンス)などの渋い演技で大活躍中のイアン・マクシェーンが若々しい演技を披露している。

ついに脱獄に成功して隠し金をゲットする

あらすじ

殺人罪で服役中のハリー(オリヴァー・リード)は面会にきた妻パット(ジル・セント・ジョン)から離婚を切り出される。新しい恋人ができたというのだ。ハリーはこれに逆上、妻とその新しい恋人に復讐するために相棒のバーディ(イアン・マクシェーン)と共に脱獄計画を実行する。脱獄計画は上手くいき、服役前に隠しておいた現金20万ドルを手に入れたハリーとバーディはついにパットの住むマンションにやって来るがそこは護衛の警官たちによって厳重に警備されていたのだった、、。

妻に復讐しにやってくる

感想

時代が生んだ作品というのでしょうか、観ている者に感情移入をさせない倫理観の低さが今の時代ではちょっとストレートに映像化しにくいキャラクターとなっていました。基本的にすべて自分勝手な行動で、殺人罪で服役している自分がそもそも悪いのですが、奥さんに「子供を産みたいので15年も待てない」と言われてその場で逆上して首を絞めて殺してしまいそうになるぐらいの倫理観です。物語冒頭の出来事なのですがおそらくこの辺りで拒絶反応出てしまう方もいるかもしれません。その後奥さんの新しい恋人を殺すためだけに脱獄し、相棒もそれについてくるという流れになるのですが、脱獄の理由もそんな感じなので脱獄シーンもなかなか感情移入できずいまいちハラハラしないような感じで脱獄して復讐にいくのですが、その後の展開も主人公以外のキャラクターでさえも実は、、という厭な裏面がありつくづく感情移入を排してラストはなんともいえない締めくくり、となります。といった感じで感情移入は全くできませんがアクションシーンは派手でなかなかの迫力がありますのでそこだけ取って観ればなかなか楽しめると思います。それと現在ちょいワルおやじな感じで大活躍のイアン・マクシェーンが良い感じで相棒役を演じていますのでご興味お持ちの方はご鑑賞ください。

15年の服役が決まり絶望する

コメントを残す