【レア作品!カンフー映画】不死鳥カンフーコップ(古靈精怪女煞星THE GIRL NAMED IRON PHONEIX)82分

投稿者: | 2022年4月28日

カンフー映画としてのおすすめ度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

(地獄から来た女ドラゴン)のジュディ・リーが、公安の敏腕女性エージェントに扮した痛快カンフーアクション!!

古靈精怪女煞星線上看,Girl Named Iron Phoenix線上看-電影-小 ...

作品紹介

日本劇場未公開

今回ご紹介するのは、(地獄から来た女ドラゴン)等のレディドラゴン、ジュディ・リー主演のカンフーアクションです。

それでは、まずはあらすじから、

警察隊隊長フォク(ジュディ・リー)は、港で多発する保険金がらみの不審な連続事故の捜査を命じられる。

そこで港を取り仕切る運搬業者に目をつけ、内部の捜査を開始する。

組織に反感を抱く腕っぷしの強い労働者とも協力し、組織壊滅の作戦を開始するのだった!?

TheGirlNamedIronPhoenix+1973-9 ...

地獄から来た女ドラゴン)や、(少林寺炎上)(詳しくはこちら)等のジョセフ・クォ作品等で知られる、

レディドラゴン、ジュディ・リー主演の痛快カンフーアクションです。

今回の役どころは、警察隊の隊長役という一件固そうな役柄ですが、冒頭で、上司より埠頭近辺での連続保険金殺人について捜査せよ、

という指令のもと、早速お堅い表情を拭い去り、常に余裕な感じで、いついかなる場合でも、他人(特に男性)よりも自分の方が上、という感じのキャラクターへと変貌していきます。

というより別人です。

そんな姉御肌のジュディが、怪しいと睨んだ作業員の連続不審死の続く埠頭で作業を行う業者に、捜査を開始するのですが、

割とあからさまに近づいていきますので、速攻で、『あの女、怪しい』という事になっていきます。

で、勿論カンフー映画ですので、怪しい相手には速攻で戦いを仕掛けていきますので、ジュディ捜査官の方も、速攻で応戦してきます。

早速展開されるアクション

それでも、本作はジュディ・リーの痛快カンフーアクションで魅せていく、という割とシンプルな見せ方の作品ですので、

ジュディもほとんどピンチに陥ることなく、痛快に敵をやっつけていきます。

痛快アクション!!

今の時代のアクション映画で例えるならセガール作品とドルフ・ラングレン作品を掛け合わせたようなイメージで、

その雰囲気のまま主演俳優がもっとちゃんと動いている、という感じでしょうか。

物凄い強さの表現

要するに、戦いには発展しても相手が負けるという結果は決まっているので、安心感のあるアクション作品といった感じでしょうか。

痛快なジュディのアクションに適役キャストが楽しくズッコケてやられていく、というアクションです。

本作は痛快で明るいイメージが全体を通して包んでいますので、ジュディは常に笑顔で、適役も『やられちゃったー』というリアクションになっています。

地獄から来た女ドラゴン)から一変して(公安から来たカンフーお姉ちゃん)という感じです。

カンフーお姉ちゃん的なジュディ・リー。VHSジャケットのカンフーギャルという表現が時代を感じさせますね
古灵精怪女煞星- 快懂百科
ジュディ・リー

で、このカンフーお姉ちゃんが、捜査を進める過程で、港付近の廃屋(というか屋外)に住んでいる男性二人組と出会います。

何故か師匠と弟子、という関係になっている二人で、食堂で他の客からスリを働くようなコソ泥ではありますが、

なんとなく正義感を発揮し、ジュディと協力し、港で悪事を働く闇会社組織と戦っていく事になります。

風通しの良い建物で暮らす労働者と一線交えるジュディ。

演じるのは、リュー・チャーフィー主演の韓国製作作品(少林酔八拳)や(精霊兄弟)等のマイナー系のカンフー作品などに出演しているドン・リーで、

その男臭い風貌と意外にしっかりした均整の取れた肉体と安定感のあるアクションで、お助けマンとして作品の魅力を盛り上げていきます。

もしかすると本作は、ドン・リーのベストアクトと言っても良いぐらいに魅力を発揮しています。

軽薄そうでありながらも、男気を匂わせる、ちょっとスッコケなキャラクターが意外にハマっていました。

他にもフィリップ・コーや、ティエン・ファンなどのカンフー映画お馴染みのキャストが若い姿(当たり前ですが)で登場しますが、

ティエン・ファン

中でも注目は、色んな登場人物のラストで、完全にブルース・リーの物まね演技でヌンチャクを持って雄叫びを上げまくっているブラッキー・コーです。

似てませんが、誰の真似かは分かります。
柯受良- 维基百科,自由的百科全书
ブラッキー・コー

正直、全く似ていませんが、本作が製作された1973年といえば、ブルース・リー人気も絶好調の時期ですので、

色んな偽ブルース・リーが登場していた中での本作のものまね、という事で、この辺にも時代を感じる事ができます。

勿論そんな偽ブルースジュディにかかるとあっという間にやっつけられてしまいますが、、、。

ふっとぶ偽ブルース

という事で、全編通して難しいシーンの一切ない、シンプルなジュディ・リー痛快カンフー作品となっていますので、

機会がありましたらご鑑賞ください。

チャリのような一応小型エンジンが付いているのでバイクのような乗り物で疾走する女ドラゴン

作品情報

1973年製作 香港製作 カンフーアクション

監督 リン・フーデイ 製作 フィリップ・コー

出演 ジュディ・リー、ドン・リー、フィリップ・コー、ブラッキー・ホー、ティエン・ファン

その他のレア香港作品

トンデモな世界観の妖術合戦を描いた(霊幻妖女)はこちら

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します。↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す