【中国映画】クラッシュ・オブ・ゴッド 神と神(封神榜:决战万仙阵 THE FIRST MYTH CLASH OF GOD)92分

投稿者: | 2022年4月29日

おすすめ度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

人気小説(封神演義)の映像化最新作は、全編を埋め尽くすCGバトルが魅力の元モーニング娘ジュンジュンも出演する武侠アクション!!

画像18
クラッシュ・オブ・ゴッド 神と神』作品情報 | cinemacafe.net
封神榜: 决战万仙阵(2021) 全集带字幕–爱奇艺iQiyi | iQ.com

作品紹介

2022年1月21日公開

今回ご紹介するのは、何度も何度も映像化されている中国の人気小説(封神演義)の再映像化作品です。

それでは、まずはあらすじから、

殷王朝末期、暴君によって人々が苦しい生活を強いられている頃、仙界では、仙界と人間界を支配しようとする動きが見られた。

仙界の軍師、姜子牙は、仙界支配を目論む通天教主の野望を砕くために、強力な力を持った神々を集め、仙界と人間界の存亡をかけた戦いに挑むのだった!?

画像3

人気小説(封神演義)の最新映像化作品です。

日本でも映像化、アニメ化、ゲーム化等人気の物語となっています。

中国・香港系の作品ですと、ジェット・リーの他、香港映画界の豪華キャストが集結した(封神伝奇バトル・オブ・ゴッド)(詳しくはこちら)や、

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド の映画情報 - Yahoo!映画

ベニー・チャン主演のお手軽版物語(レジェンド・オブ・ゴッド封神伝説)(詳しくはこちら)等、

話題の映像化が続いています。

Amazon | レジェンド・オブ・ゴッド ~封神伝説~ [DVD] | 映画

そんな人気小説の今回の映像化作品の恐らく最大の見どころは本編中、大部分の時間を割いて描かれるCG映像によるバトルシーンの数々となっています。

とにかく、CGバトルが他の中国作品よりも豊富で、開始早々10分間の連続CGバトルを始めとして、中盤から後半にかけてもCGバトルが矢継ぎ早に繰り返されますので、

ジャンルとしては武侠映画、アクション映画、というよりCGバトル映画と例えるのが一番打倒と思われるほどに延々とCGバトルが続く作品となっています。

すっと続くCGバトル!
延々と続くCGバトル!
ネバーエンディングCGバトルストーリー!

ただ、かなりの時間ですので、はっきり言ってしまうと長すぎると感じるぐらいに長時間バトルが続きます。

しかも、キャラクターの説明などのひととなりが分かる時間がほとんどないので、突然知らないキャラクターが命がけのバトルを延々と続ける状態となりますので、

冒頭10分はまずは、感情移入困難な他人事バトル、本編に入ってからも外見的な特徴のあるキャラクターが多数登場するわりには、

どういうバックグラウンドがあって、どういう性格なのかがはっきりしないので、いまいち乗り切れないままに延々とCGバトルが続いていきます

興味は惹かれますが、どういうキャラクターか分かりません。ただの敵Aとその仲間たち

基本は仙人や神様がバトルを繰り広げる作品ですが、いきなりの展開過ぎて、極端に言うと、敵と味方の区別もつきませんし、仙人と人間の区別もつきません

ですので、CG大バトルが繰り広げられても、ピンチかどうかも判断できない、という状態が90分間続きます。

画像16
混沌とし過ぎて良く分からない戦場

例えるなら、説明書必読の歴史シミュレーションゲームを説明書を読まずに始めて、そのまま意味も解らずに90分間プレイし続ける、といった感じでしょうか。

とにかく、楽しもうとトライしても、どうしても入り込めない、という状態が続く作品となっています。

画像17
キャラクターは豊富。でも名前も分かりません、、。

他の中国作品が、アクション映画のフリして全然アクションシーンがない、という作品が多い中、これほどのCGバトルが用意されている作品も少ないかとは思いますが、

わびさびが無さすぎる、というか、CGバトルが多すぎる、というかドラマが少なすぎる、というかなりバランスの偏った作品となっています。

鑑賞中、何故こんなバランスになっているのか、考えながら鑑賞(考え事ができるほどに感情移入不可でしたので)していてのですが、

本編の内容やCGバトルの多い展開などを見つつ、ある事に気付きました。

画像15
なんとなくのデジャヴ感、、

この作品、恐らく製作者としてはディニーの大作(アベンジャーズ エンドゲーム)の中国版を製作したかったのではなないでしょうか。

そう考えると、ひととなりを説明せずにいきなりクライマックス的なバトル展開から始まる構成も、全編を覆いつくすようなCGバトルメインの展開も、

それぞれの特殊能力を持った仙人たちが、一堂に会してチームを組んで巨悪に立ち向かう展開も、全て納得がいきますので、

少なかららず、意識はしていたのではないでしょうか。

アイアンマンとハルクとアントマンとブラックウィドーでしょうか、、、。
阿鞭蛇ず

ただ、(アベンジャーズエンドゲーム)に関しては、そこに至るまでに、しっかりと各キャラクターの説明は、それぞれの本編で済んでいますし、

チームとして集まってからも、共通の物語の積み重ねがあるので、(アベンジャーズエンドゲーム)でのいきなりクライマックスに突入するような、本来の映画作品では不可能な構成も問題ありませんが、

本作は人気の原作の物語とはいえ、過去に映像化、メディア作品化された際にも、その都度いろんな自由な設定が加えられるぐらいに自由な物語で、

西遊記ほどの説明不要の共通な設定ではありませんので、いきなり説明なしにCGバトルのみを描くような展開を見せられても、

物語に入り込める人もなかなか少ないかと思われます。

【未体験2022】クラッシュ・オブ・ゴッド 神と神
ヒーローたち

あと、もう少し突っ込むと、本作のアクションはあくまでCGがメインですので、武術アクションのような動きのあるアクションは少な目で、

キャストが腕を前に突き出すとCGの剣がビュンビュンと弧を描いて飛んでいき、ぐるぐる回って派手に相手に攻撃し、

相手が腕をかざすと、念力でガード、キャストがくるっと回って気合を入れると念力で反撃する、という感じで、

アクションの大部分はCGがほとんど請け負っている、というタイプのCGバトルなので、そういった意味でもアクション映画というよりCG映画という表現がぴったりとなっています。

画像13
ワイヤーでぶらぶら吊られて、手をかざすと後はCGが全部やってくれます

あと、異世界感を出すためなのか、一部を除いてほとんどが背景合成のセット撮影ですので、セット感満載の箱庭劇場的雰囲気に満ちているのも、

本作を神と神、仙人と仙人(多分人間も入ってますがどの人物が人間か全くわかりません)が入り乱れてのバトル、

という本来壮大な世界観の作品世界をなんとなくこじんまりとした閉塞感のある作品にしてしまっています。

画像14
一応龍もでます。多くのキャラクターの一部として

そんな本作、本来ならDVDスルーか、配信のみ、というリリース形態が予想されるタイプの作品ですが、まさかの劇場公開を果たしています。

おそらくその理由は、中国アベンジャーズの一人に数えられる女性将軍役で、元モーニング娘として活躍していたジュンジュンが出漣しているため、だと思われます。

李沁谣介绍_图片_作品-猫眼电影
ジュンジュン

それに伴って日本版の宣伝ポスターもジュンジュン主演のレディース武侠アクション、という感じのセールスになっていますが、

実際はアクションシーンなどはありますが(比率的にはちょっと多め)、主要メンバーの一人というだけで、主人公ではありません。

画像4
アクションは他のメンバーよりも少し多め

実際の主人公は妾子牙を演じる(王朝の陰謀 判事ディーと天空の塔)(詳しくはこちら)等の香港俳優サミュエル(サミュール)・チャンと、

額からビームを発射するヒーロー
陳鍵鋒現在幾歲? 一個TVB的潛力巨星- 明星- 品味風
サミュエル(サミュール)・チャン

チームの一人であるナタクを演じる(風雲2)等のリュウジュ・ジャンの二人となっていて、

日本以外の地域では、当然ですがこの二人主演の最新作、という宣伝がされているようです。

【未体験2022】クラッシュ・オブ・ゴッド 神と神
ナタク役のリュウジュ・ジャン
张植绿(中国内地男演员)_搜狗百科
リュウジュ・ジャン

さらに本作は、主役のサミュエル・チャン以外にも脇役として古くから香港映画で活躍しているキャストが二人も出演しています。

一人は、本作でラスボスとして党登場するポール・チェです。

ポール・チェは、1990年代からマイケル・ホイ主演の(新Mr.BOO!鉄板焼)や、チョウ・ユンファ主演の(黒社会)、

チャウ・シンチー主演の(熱血弁護士)(詳しくはこちら)等で活躍していて、どの作品も脇役ながら一度見たら忘れられない容姿で、作品内での存在感を発揮していました。

本作のような大きな役柄(後半になって急にスポットを浴びるという感じですが)は非常に珍しいのではないでしょうか。

画像11
ラスボス役のポール・チェ
61岁绿叶车保罗自曝离巢TVB原因,年薪仅2000元,已转行做监督员
90年代のポール・チェ
车保罗- 维基百科,自由的百科全书
ポール・チェ

もう一人は、こちらも1990年代から活躍していて、トニー・レオン主演の泣けるドラマ(ヒーリングハート)や、

チャウ・シンチー主演の(新精武門)等でバイプレイヤーとして活躍しているイェン・ミンワンが師匠役で登場しています。

師匠役のイェン・ミンワン
Wan Yeung Ming (尹扬明) - MyDramaList
イェン・ミンワン

という感じで、有名原作で知名度があり、キャストも豪華でCGも豪華、という話題のCG(が)アクション(する)映画となっていますので、

派手なバトル映画好きの方や、ジュンジュンのファンの方等ご鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

アクションが多いので結構なストレス発散になるかもしれませんよ。(逆に入り込めなくて溜まるパターンもあるかもしれませんが、、、)

画像8

作品情報

2021年製作 中国製作 武侠アクション

監督 リー・ボオシュン

出演 リュウ・ジュジャン、ジュンジュン、サミュエル・チャン、フェイ・ユ、ポール・チェ、イェン・ミンワン

画像12
【未体験2022】クラッシュ・オブ・ゴッド 神と神

その他の武侠ファンタジー作品

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します。↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す