2023年1月劇場公開予定の個人的な期待作

投稿者: | 2023年1月2日

皆さん、開けましておめでとうございます!

まぁくです。今年も宜しくお願い致します。

昨年は私のような駄文のブログをお読み頂き、誠にありがとうございました。

今年も、映画好きの方の何気ない映画鑑賞のきっかけになるような記事を心がけて、面白そうな作品(や、そうでない作品も)をご紹介させて頂きますので、

また、引き続き、宜しくお願い致します!

それでは、早速ですが、2023年に入って最初の月に劇場公開される作品で、個人的に期待を寄せている作品をご紹介させて頂きます。

まずは、いきなり、一番期待を寄せているドキュメンタリー作品から、、、

1月6日公開 カンフースタントマン龍虎武師 (KUNG FU STUNTMEN龍虎武師)カンフー映画の黄金期から現在まで、香港カンフー映画を支えてきた武師(スタントマン)たちにスポットを当てて、これまでの歴史を振り返るカンフーアクションファン必見のドキュメンタリー。

インタビューに登場するメンバーも凄まじく、サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ユン・ワー、チン・カーロ、ブルース・リャン、マース、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、トン・ワイ、ウー・スーユエンと、それだけでも見逃せないメンバーとなっています。

さらに貴重なメイキングや本編シーンなども豊富に収録されているようですので、絶対に必見の作品となっています。

ただ、配給がアサイラム作品等で有名なアルバトロスフィルムなので、恐らくDVDは確実にリリースはされると思われます。

1月6日公開 非情宣言 (EMERGENCY DECLARATION) ソン・ガンホとイ・ビョンホンが共演したパニックサスペンス作品。飛行中の航空機内で発生したウィルステロによって着陸する事が出来なくなってしまった航空機の悲劇を描くパニックサスペンス作品。

1月20日公開 ノースマン導かれし復讐者(The Northman)(ライトハウス)のロバート・エガース監督による、北欧で繰り広げられる壮大な復讐劇を描いたアクション作品。(ゴジラVSコング)のアレクサンダー・スカルスガルドが主演と製作も兼ね、アニャ・テイラージョイ、ニコール・キッドマン、ウィレム・デフォー、イーサン・ホーク、ビョークと豪華キャストが実現しています。

1月20日公開 キラーカブトガニ (Crabs!)天然記念物が人を襲う、というサメパニックならぬカブトガニパニック作品。発想が、非常に面白いですが、実際の予告編映像を観ると、意外にクリチャーパニック作品として良くできていそうな作品。

1月20日公開 シャドウプレイ【完全版】(パープルバタフライ)や(天安門。恋人たち)のロウ・イエ監督作品。広州の再開発地区で発生した開発責任者の屋上からの転落死事件を調べるうちに、天安門事件を発端としたもう一つの事件が浮かび上がる、というサスペンスドラマ。正直、ロウ・イエの過去の監督作品から、個人的には全然ノーマークでしたが、予告編を見ると、まさかまさかの、あの画像流出事件のお騒がせアイドル、エディ・ソンチャンが出演しているという事が分かりましたので、俄然興味が沸いてしまいました。公開までにも色々とあったようなので、色んな付加価値が着いてアジア映画ファンの方は、結構楽しめそうです。

という感じになっております。

今月一番の個人的な注目作は何と言っても(カンフースタントマン)で、予告編映像を観ただけでも、またカンフー映画が観たくなってしまうぐらいですので、

恐らく本編を観ると暫くはカンフー映画漬けの日々が到来しそうです。

CG全盛の今の時代に、あえて、カンフー映画のスタントマンにスポットを当てたドキュメンタリーを製作する、

というのは、色んな意味で非常に興味深いですね。

という事で、本日も、お立ち寄り頂きありがとうございました。

そして、本年も宜しくお願い致します!

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します。↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す