未DVD化のレア作品 【アクション編 其の四十一】

投稿者: | 2022年12月5日

みなさん、こんにちは、まぁくです。いかがお過ごしでしょうか。

さて、早速ですが、先日新しいゾンビ作品を鑑賞しました。

タイトルは、、、

アンヒューマン)(UNHUMAN)です。

ブラムハウス社製作の最新ゾンビホラーで、バスに乗って課外授業に出かけた学生たちが、そのまま森の奥で事故に合い、

突然ゾンビ軍団に襲われる、というありがちなゾンビものっぽく始まるものの、実は、、、、

という中盤以降大展開のある作品で、監督が(ソウ)シリーズの脚本家でもあるマーカス・ダンスタンなので、

グロさを掘り下げたゾンビホラーと思って鑑賞すると肩透かしを食らってしまいますが、捻りの効いた展開は(ソウ)シリーズに通じる部分もありますので、

本作では、その捻りの部分を掘り下げた、という感じの作品となっています。

ただ、ホラー作品やゾンビ作品としての常識を覆すような捻りではありますので、あまりの捻りぶりに、

捻りを楽しむよりも、期待していた内容と大きく違う、と感じてしまう方も結構いるかもしれません。

そういう部分も分かっていてあえて、そういう内容に挑戦した、という感じでしょうか。

その捻りの部分を書いてしまうと、本作に関しては、楽しみの大部分が無くなってしまう(ぐらいの捻り)ので、

少しだけ、書かせていただきました。

ブラムハウス社作品ですので、結構テンポ良く楽しめる作品になっていますので、機会がありましたらご鑑賞ください。

作品情報

2022年製作 アメリカ製作 ゾンビホラー

監督・脚本 マーカス・ダンスタン

出演 ブリアンヌ・チュー、ベンジャミン・ザズワース、ユリア・シェルトン、アリ・ギャロ

という事で、(アン・ヒューマン)もさることながら、その起源と言えるジョージ・A・ロメロ監督が1968年に製作した名作(ナイト・オブ・ザ・リビングデッド)も、

公開から長く時間が経過した今現在でも、DVD、ブルーレイ等で気軽に鑑賞できる状況が整っているのに対して、

世の中には、VHSのリリースのみで、その後のDVD化の波に乗り遅れてしまった作品が沢山ある、という事で、(未DVD化のレア作品)、今回は(アクション編 其の四十一)という事で、

またしても濃いめの作品をご紹介させて頂きます。

それでは、劇場公開もされた、渋めのバイプレーヤーの共演作品から、、、。

殺人課 (HOMICIDE) 劇場公開作品。ボルチモアを舞台に、警官殺しの重罪犯を追っていた刑事が、その陰に潜む巨大な陰謀に巻き込まれる、というポリスアクション。主演は(ゴッドファーザー3)等のジョー・マンテーニャと(羊たちの沈黙)等のウィリアム・H・メーシーという名バイプレーヤー共演作。監督は(アンタッチャブル)や(ハンニバル)の脚本家としても知られるデビッド・マメット。

ナイトパトロール (NIGHT PATROL) (ポリスアカデミー)夜警版とも言える警察コメディ。プレイボーイの警官ケントと、正体を隠して毎晩ステージに立つコメディアン刑事メルヴィンのコンビが、夜のパトロール中に巻き起こす騒動を描く楽しい作品。(エクソシスト)のリーガンことリンダ・ブレアや(ベストキッド)のパット・モリタ等意外に豪華キャスト。

コップターゲット 狼たちの牙 (COP TARGET) 劇場公開作品。殉職したアメリカ人外交官の妻子の護衛任務に就いたベテラン刑事が、誘拐されてしまったその娘を救うために独自の捜査を開始し、やがて巨大な麻薬シンジケートの存在を知ることになる、ポリスアクション。主演は(エクスタミネーター)のロバート・ギンティなので、いつものように全然強くなさそうなのに、無双ぶりが炸裂します。

エアポート1994 (Ordeal in the Arcti) (エアポート)シリーズのような邦題がついていますが、実際は1991年に実際に起きた空軍輸送機墜落事故とその後のレスキュー隊の活躍を描いた作品。ですので、空港を描いた作品ではないので、(エアポート)と邦題に付けるのもおかしいのですが、そうなってくると、延々と年号だけ変更して(エアポート)と命名されている作品のほとんどが無関係ですので、エアパニックもの=エアポート、という感じで、セガール=沈黙シリーズと同じような扱いとなっている日本だけのシリーズ作。因みに、本作の主演は(キングソロモンの秘宝)などのリチャード・チェンバレン、共演はキャサリン・メアリー・スチュアートと豪華。

キリングウェポン (KILLING DEVICE) 小さな装置を人間の脳に埋め込む事により、その人間を殺し屋に改造する、という物凄い装置を巡って、ジャーナリストとCIA,、そしてKGBが入り乱れて争奪戦を展開するスパイアクション。出演は(エルム街の悪夢2)等のクルー・ギャラガー。

という感じになっております。

今回ご紹介させていただいた作品は、例によって今後のDVD化も難しそうですが、(殺人課)に関しては、

レーザーディスク化までは叶っていますので、なんとか、弾みでDVD化まで行って欲しかったところです。

この二人の渋いバイプレーヤーが主演している作品が、劇場公開されていた、という事自体が、その時代の勢いを感じる出来事だとも言えそうです。

というわけで、本日もお立ち寄り頂き、ありがとうございました!

↓先週ご紹介させていただいた未DVD化のレア作品↓

黒豹天下 ブラックパンサー

少林寺疾風黄金拳

少林寺への道3

↓先々週ご紹介させていただいた未DVD化のレア作品↓

燃えよC.I.A.危機100発!!

疾風!少林寺十三拳士

アマゾネスコマンドー

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します。↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す