【香港映画】西遊記 孫悟空VS7人の蜘蛛女(DREAM JOURNEY4:BIOGRAPHY OF DEMON)

投稿者: | 2021年2月21日

お薦め度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

ジェット・リー主演の(新少林伝説)や(D&D完全黙秘)などで活躍していたシェー・ミャオ君が大人になってイケメン孫悟空として大活躍!!

作品紹介

日本劇場未公開

今回ご紹介するのは、(西遊記)ものの一遍で、蜘蛛妖怪と戦う物語です。

それでは、まずはあらすじから、

仙術と武術のみで問題を解決する孫悟空と、説法のみで問題を解決する三蔵法師。

ある日、お互いどちらが優れているか、を決めるため、七日間だけ、お互いのパワーを入れ替える術を懸ける。

そして仙術パワーを身に着けた三蔵法師は邪悪な百眼魔君を倒しに行き、孫悟空は人間の姿で7人の蜘蛛女と戦う事になる!?

西洋人の三蔵とほとんど活躍しない弟子たち

西遊記】の無数にある映像化作品の中の一作です。

原題に4とありますが、ドニー・イェン主演でアーロン・クォックが引き継いだシリーズや、チャウ・シンチー監督シリーズ作品とは関係ありません。

ですので、いきなり4のみ日本でリリースされた作品ですが、特に前作からの物語上の引継ぎはありませんので、本作のみで楽しめる作品となっています。

本作の美女度は非常に高いです。

本作は、香港側からの出演者や、スタッフのいない、完全な中国製作作品ですが、香港映画ファンなら忘れられないスターが主役を演じています。

その昔、ジェット・リー主演の(新少林寺伝説)や、(D&D完全黙秘)、でカワイイ外見とキレのあるカンフーアクションで魅力を放っていたシェー・ミャオ君が、大人のイケメンになって主役を演じています。

もう、完全に台詞でイケメンだと表現されるぐらいにイケメンとしての役柄です。

始め観た時はわかりませんでしたので、途中で気づいてびっくりしてしまいました。

確かにイケメンで、アクションのキレも良いので、あのまま成長すれば、こうなるかなぁ、といった感じの成長ぶりです。

なのですが、なんでしょうか、、、。

子供時代は、可愛い少年が繰り出す切れの良いアクションと、幼いのに凛々しい顔立ちのアンバランスさが、魅力となっていましたが、

大人になってみると、、、、

ううむ、なんとなく、失礼ながら悪役顔になってしまったような、、、。

なんか、大人になって悪役顔になりましたね、、。

確かに凛々しいのですが、その眉間に常に寄る皺と、鋭すぎる眼光が、コメディ的なシーンを演じているのに、

悪者が、悪だくみをしているようにしか見えない、、。

美女ナンション・グーニャンと悪の大ボス、、ではなく主人公。

あと、アクション的にもワイヤーでブラブラと吊られているだけのアクションがメインでしたので、

アクションの見せ所もあまりパッとしない感じでした。

孫悟空の姿の時は、恐ろしいほどに強い妖怪の役ですので、その鋭い眼光が役にピッタリハマっていたのですが、

恐ろしいほど強いという孫悟空役はキマっています

今回は孫悟空としての活躍より人間の姿での活躍がメインで、コメディ寄りのシーンが多かったので、

若干役柄と合ってなかったように感じました。

でも、イケメンではあるのですが、、。

今回は、イマイチではありましたが、次回作は(少林寺)ものですので、そちらは大いに期待できそうです。

あと、ヒロイン役のナンション・グーニャンの外見の整い方が半端なく、まるでCGで作り上げたような整った顔立ちをしています。

中国のドラマや、モデルとして活躍しているようですが、もっと映画作品に出演して欲しいところですね。

桁外れの美女ナンション・グーニャン

というわけで、正直、物語やCGや、衣装などは非常にチープで見どころも少な目ですが、

大人になったシェー・ミャオ君とナンション・グーニャンの発見があっただけでも、本作は鑑賞してみる価値はありますので、

ご鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

あと、バリー・ウォン監督作品(西遊記 孫悟空VSスパイダーウーマン)と物語は同じなので、

原作の中では有名な物語のようですね。

悪者が戯れているようにしか見えません。

作品情報

2018年製作 中国製作 SFアドベンチャー

監督 スコット・マ

出演 シェー・ミャオ、ナンション・グーニャン、トム・プライス、イー・ジェンフー、チャン・ジウロン

常に眉間に皺が寄っているので、キツい印象

その他の西遊記作品

本作(西遊記 孫悟空VS7人の蜘蛛女)とほぼ同じ物語な(西遊記VSスパイダーウーマン)はこちら

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

【香港映画】西遊記 孫悟空VS7人の蜘蛛女(DREAM JOURNEY4:BIOGRAPHY OF DEMON)」への2件のフィードバック

  1. アバター映画マン

    孫悟空がめちゃめちゃ怖いですね。そして中国美女がたくさん!
    西遊記と言えば、私の中では香取慎吾主演のドラマの印象が強いです。(結構昔のドラマ)

    返信
    1. まぁくまぁく 投稿作成者

      こんにちは、いつもお立ち寄り頂き、ありがとうございます。香港、中国映画では西遊記のブームがずっとあるようで、色んな人が孫悟空役を演じていますが、正直結構メイクをしていまうと、誰が誰だか分からなくなるんですよね。日本で放送されていたドラマ版は流石にアイドルが演じているのではっきりと顔が判別できましたね(笑)。個人的にはかなり昔に放映されていた堺正章、西田敏行、岸部シローが主演して、ゴダイゴが主題歌を担当していたドラマ版が一番好きでした。古すぎますね、、。

      返信

コメントを残す