【レア作品!香港映画】女帝軍団 マゾネス・ウォリアーズ(美人國ISLAND WARRIORS/THE COUNTRY OF BEAUTIES)94分

投稿者: | 2023年1月5日

おすすめ度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

(レディニンジャ)シリーズヤン・ホイサンとウォン・タオが共演した、女性だけが暮らす島での騒動をアクションシーン盛沢山で描いたレディースアクション作品!!(カンフーシスター麗竜拳)のシャー・クワンリも出てます!

作品紹介

日本劇場未公開

今回ご紹介するのは、ヤン・ホイサンウォン・タオが共演したレディースアクション作品です。

それでは、まずはあらすじから、

男性に迫害されてきた女性たちが協力して独自の文化を築いた【美人国】に、ある日男性の海賊たちが攻めてきた。

日ごろから武術の訓練を重ねているアマゾネスたちは、海賊を容易に撃退したが、時を同じくして交流を求めてきた男性島の住民と争い事になってしまう。

この争いによって、男性島の有力者は捕らえられ、明日にも処刑される身分となるが、争いを好まない女王の妹の助けによって、なんとか逃げる事に成功する。

しかし、その行為が女王の知るところとなり、再び島は緊張状態に包まれるのだった!?

レディニンジャ セクシー武芸帳)(詳しくはこちら)や、(レディニンジャ2 夜霧の忍び凧)(詳しくはこちら)等が有名な人気女優ヤン・ホイサンと、

レディニンジャ2)でも共演している(セイントスティック 怒りの聖拳!)(詳しくはこちら)等のウォン・タオが共演したアクション作品です。

ヤン・ホイサン

他にも日本では馴染みの薄い台湾系の美人女優総出演、という感じですが、その中に(カンフーシスター麗竜拳)(詳しくはこちら)や、

ウォン・タオの出演している(セイントスティック怒りの聖拳!)にもゲスト出演している動けるカンフースター、シャー・クワンリが交じってクライマックスで、

華麗な技をほんの少しだけ披露しています。

シャー・クワンリ

その他にも、ウォン・タオと駆け落ちに挑む実際にはヒロイン的な役柄で登場する台湾で歌手として有名なフォン・ファンファン

フォン・ファンファン

男性に攻撃的な態度をとりながらも、実はかつて大恋愛を経験している、本当は愛深き女戦士を演じるジャッキー・チェン主演の(ドラゴン特攻隊)にも出演していたマリー・ウォン

マリー・ウォン
ドラゴン特攻隊

台湾で歌手として絶大な人気を誇るソフィア

ソフィア

ジュ・イェンピン監督のレディースアクション(アマゾネスコマンドー)(詳しくはこちら)にも出演し、監督作品等もある才人ジョイス・チェン

ジョイス・チェン

本作出演のウォン・タオと共に(ピンクウォリアーズ)にも出演しているテレサ・ツイ

テレサ・ツイ

という、豪華なメインキャストで、(美人国)という、見たままの原題にそぐわぬ美女軍団が男性相手に戦いを繰り広げる作品となっています。

因みに、劇中やたらと流れる、タイアップがくどい主題歌は台湾の伝説的な人気歌手ビリー・ワンが歌っているのも話題となったようです。

ただ、歌詞付で主題歌が流れるのは冒頭ぐらいで、劇中で繰り返し流れるのは、インストバージョンなので、軽妙(すぎて本編に合っているとは思えない)なBGMに掛け声だけが何度も何度も流れる

という独特の効果が、実に台湾映画らしいおもちゃ箱感に満ちた作品となっています。

ビリー・ワン

物語の本筋は、至ってシンプルで、かつて男性に酷い仕打ちを受けて流れ着いた女王(ヤン・ホイサン)の統治する島で、

女性ばかりを集めて生活し、徹底して独自の文化を築いていて、男性を排除していたところ、ある日海賊の攻撃を受け、

さらに近隣の男性ばかりが住む島の住民とも同タイミングで揉めだして、緊迫した状況になる、という流れで、

そこに捕らえられたウォン・タオと争いは良くないと考える女王の妹フォン・ファンファンの恋路が描かれていく事になります。

で、なんとか逃がそうとするフォン・ファンファンと実は愛深き女戦士マリー・ウォンのドラマや、一貫して男性を認めない女王の心の葛藤などが描かれ、

さらに100年生きていながらも、女王の命令で男性の傷を治そうとした結果、力を失い一挙に歳を取ってしまう守護神的な女性のドラマ等、

荒唐無稽な設定でありながらも、しっかりと娯楽作品として楽しめるようなエピソードが描かれていきます。

ただ、この時期の台湾作品、どうしてもコメディ要素を入れたいようで、大筋のアマゾネスと海賊と男性島との戦いを描く物語に、

無理矢理シウ・プリャオ率いるコメディチームがアマゾネスに捕らえられて、去勢される、されないのドタバタ喜劇が描かれます。

特に本筋にはそんなに関わらないコメディパートが別枠で長時間描かれます

この去勢シーンが直接的な描写は無くても、意外に生々しく、痛々しいので、グロくはなくても、見ていられないようなシーンが、何度か挿入されます。

さらに、このドタバタの果てにシウ・プリャオは結局去勢されてしまいますが、その後も平気でお姉キャラに切り替わる

という素直に笑えないような展開になっていきます。

時代、というかお国柄、でしょうか、、、。

このコメディパートが無ければ、もっと楽しめる娯楽作品になったと思われますが、基本はアクション自体がカンフーアクションという感じではなく、

男性と女性が暴れている、という感じのアクションの描き方で、一つのアクションを細かく描いてアクション展開だけで魅せていく、というつもりは無かったのかもしれません。

アクションは、皆でワーっとやってる感じです

そういう意味でのコメディ要素だとしても、大勢美女が登場し、強い戦士として華麗に戦いを繰り広げるような作品の合間に流れを遮るようにシウ・プリャオの、いつもの顎を突き出した必殺技のような顔芸を見せられても、

笑うに笑えず、楽しかった流れも台無しになってしまうように感じるのですが、どうでしょうか。

という事で、B級路線一直線の荒唐無稽な作品ではありますが、意外としっかりと製作されている部分もある娯楽作品となっていますので、

レディースアクション好きの方や、香港映画好きの方等ご鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

それにしても、シャー・クワンリの活躍は、後半少しだけですね、、、。チラチラと映りはするのですが、勿体ない、、。

作品情報

1981年製作 香港・台湾製作 レディースアクション

監督 オウ・ヤンチュン

出演 ヤン・ホイサン、ウォン・タオ、シウ・プリャオ、シャー・クワンリ、フォン・ファンファン、マリー・ウォン、ソフィア、テレサ・ツイ、ジョイス・チェン

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す