未DVD化のレア作品 【SF編 其の五】

投稿者: | 2023年1月9日

皆さんこんにちは、まぁくです。寒い日が続きかますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、早速ですが、先日、古い洋画作品を鑑賞しました。

タイトルは、、、

(火星超特急)です。

1951年に製作されたカラー初の火星探検ものという事で、1968年に(2001年宇宙の旅)が製作される17年前の、

宇宙に対する想像力の余地が有り余っていた時期に製作されたSF冒険活劇となっています。

初めからリアルな演出は避けているような作風で、物凄くラフな服装で宇宙服を着ることさえなく、気軽に宇宙に出かけてしまいます。

ただ、帰還できることを前提にしていないので、乗組員達は、実は決死の覚悟でその冒険に参加している、

というお気楽とシリアスのバランス感覚が微妙で、なんだかんだと、いざ火星についてみれば、人間と姿の変わらない火星人が地球と似た様な文化を営んでいて、

英語も話せて、非常に強力的なので、壊れたロケットを修理して地球に帰還できそう、という行き当たりバッタリなのに、

とりあえずは、良い方に物語は進んで行く、という明るい作風となっています。

今の時代に観返してみると、正直笑ってしまうようなシーン満載ですが、コメディではなく生粋のSF映画として本作のような内容の作品が製作されていた、

という当時の時代を感じる事ができる貴重な作品だと言えますので、機会がありましたらご鑑賞ください。

皆で集まって今からビデオ観賞会、、、ではなく、火星へのミッション航行中

さて、(火星超特急)は、古い作品ながらも、今の時代でもDVD等で鑑賞することができますが、世の中にはVHSのリリースのみで、

その後のDVD化の波に乗り遅れてしまって、忘れ去られそうな作品が沢山ある、

という事で、今回の(未DVD化のレア作品)は、(SF編 其の五)という事で、時代性の出る作品を少しご紹介させて頂きます。

それでは、(レイダース)のヒロイン役、カレン・アレン主演のサスペンスホラー作品から、、、

ヴァイラス (GHOST IH THE MACHINE) (タンクガール)のレイチェル・タラレイ監督によるサスペンス作品。病院で治療を受けていた連続殺人犯が、医療機器による検査を受けているタイミングで落雷が発生し、そのまま自身がコンピューターウィルスとなって殺人を繰り返す、という時代を先取りした、VHS発売時の宣伝文句で言うところの【パソコン世代を脅かす脅威のテクノスリラー!】作品。主演は(レイダース)のヒロイン役、カレン・アレン。

タイムマスター 時をかける少年 (A KID IN KING ARTHUR`S COURT) (がんばれルーキー)の当時の人気者トーマス・イアンニコラス主演による人気タイムトラベルシリーズの第一弾。今回はアーサー王が統治する時代にタイムスリップし、現代に戻るために大冒険を繰り広げます。続編である(タイムマスターアラジンの秘宝)では、タイトル通りにアラジンと魔法のランプの世界にスリップします。

ディープハザード (MEMORIAL DAY) 世界を破滅させることができる衛星レーザー砲の発射コードを、秘密結社が入手するという物凄い地球規模の危機に、元秘密結社の工作員が、逆に洗脳を受けて、正義のために立ち向かう、パニックアクション。主演は(パーフェクトウェポン)等の格闘家兼アクションスターのジェフ・スピークマン

シルバーグローブ 銀の惑星 (ON THE SILVER GLOBE) 珍しいポーランド製作の巨額を投じたSF超大作。1976年に製作開始しながらも、政府より製作中止命令が下り、撮影が中断。その後監督の執念で80年代に入ってから追加撮影を行い完成させた、といういわくつき作品。

第三種接近遭遇 (THE U.F.O. CHRONICLES)数々のUFO目撃証言や、証拠フィルム映像で構成されたUFO検証ドキュメンタリー作品。(ロズウェル事件)に関する新事実や、歴代大統領が、事実の隠蔽工作に関与していた、等の証言が収録されている日本で言うところの(矢追純一のUFOスペシャル)のような作品。

という感じになっております。

今回ご紹介させて頂いた作品の中では、20世紀フォックスが製作したメジャー作品(ヴァイラス)が未だに日本でDVD化がされないのが不思議ですが、

同じ邦題のジィミーリー・カーティス主演の方の(ヴァイラス)は、DVDリリースされながらも長い廃盤の時期を越えて、

まさかのブルーレイソフトが発売されましたので、こちらの方もなんとかリリースしてもらいたいものですね。

という事で、本日もお立ち寄り頂きありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す