【レア作品!香港映画】リーサル・パンサー(惊天龙虎豹RETHAL PANTHER)90分

投稿者: | 2022年12月8日

おすすめ度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

ニコイチ映画で有名なゴッド・フリーホー監督が、まともに撮影した(男たちの挽歌)の影響が物凄く大きいシベール・フー他、女性主役の香港ノワールガンアクション!!でも格闘アクションもあります!!

作品紹介

日本劇場未公開

今回ご紹介するのは、ゴッド・フリーホー監督のまとも系のノワールアクション作品です。

それでは、まずはあらすじから、

香港を牛耳る偽札組織を率いるチャールズ・ウォンの甥アルバートは、組織を乗っ取るために二人の殺し屋アイリーンとエイミーを雇う。

依頼は滞りなく実行されたが、自身の関与発覚を恐れたアルバートは、証拠隠滅のために、二人の殺し屋にも抹殺指令を下すのだった!?

フィルマーク社のニコイチ映画で有名なゴッド・フリーホー監督が監督・製作した香港ノワールアクションです。

ニコイチ映画ではないので、勿論まともな筋の通った物語が展開されます。

ただ、物語の深みなどは一切ないスローガンアクションと合間の格闘アクションがメインの作品となっていますので、

鑑賞後の感想は、香港ノワール映画を観た、というよりスローのガンアクションシーンの連続を目にした、という感じで、

とにかくガンアクションを集中して見せたい、という一点集中の、まともではないニコイチ映画ばかり製作していたゴッド・フリーホーの情念が解き放たれたような作品となっています。

そのガンアクションも、香港映画好きの方なら、見て即座に引用元が分かるような、ジョン・ウー作品の美味しい所取りのようなガンアクションばかりで、

とにかくスローに、グラサン、ロングコートに、黒スーツという観たままの模擬から、殺し屋の仲介役はかつて自身も殺し屋で、

酒に溺れて手が震え、もう銃が持てないので引退し、手を震わせながら依頼を申し送りにくる、という(狼/男たちの挽歌最終章)そのままの登場人物、

酒で手が震える仲介役(それは本人次第で治せます)

また、立場の違う二人が、共闘して共通の悪党に立ち向かっていく展開等、もう、どこからどう見ても、ジョン・ウー作品からのあやかりの連続となっています。

しまいには、白いハトならぬ、グレー系の普通のハトまで飛んでしまいます

普通のハトが飛びます

ただ、勿論本家のようなドラマチックな展開も無ければ(一応、無理矢理強引な大展開があるにはありますが、、、)、

キャラクターにそんな深みも表現力もありませんので、全てにおいて本家には遠く及ばす、結果的に、女性版(男たちの挽歌)、(狼/男たちの挽歌最終章)というよりも、

挽歌ごっこ】としか思えないような、見ていてちょっと恥ずかしくなってくるぐらいに模擬の連続の作品となっています。

(狼/男たちの挽歌最終章)より
(狼/男たちの挽歌最終章)より

もう、不必要なスローばかりで、スローを適正な速度に調整すれば、90分の作品が60分ぐらいで終わってしまうのでは?と思ってしまうほどにスローと細かい(不必要な)カット割りの連続となっています。

ですので、物語が全然進みません。

実際は進みますが、進んでいるように思えない、というかアクションシーンになる度に時間の流れが止まってしまう、という感覚に陥ります。

恐らく、ゴッド・フリーホーの目には、ジョン・ウー作品が、そのように映ったのだと思われます。

真似したい、本家に迫りたい、本家を凌駕したい、という気持ちが高すぎて、スローの時間だけ本家を越えてしまったのかもしれません。

ゆっくりゆっくり歩くので、
目的地に着きません、、、
ゆっくっりゆっくり歩くので、
目的地に着きません、、、

で、そんなスローメインの本作の物語は、至ってシンプルで、殺し屋であるベトナム出身の主人公アイリーンが殺しの依頼を受けるが、

依頼主の犯罪組織は、同時に日本出身の殺し屋エイミーにも同じターゲットの殺しを依頼していたので、両者は火花を散らしながらも友情を育むが、

組織は、そんな二人を口封じのために、暗殺しようと刺客を送り込む、という流れで、結局、二人は共闘していく、というジョン・ウー作品の旨味を薄く抽出したような(女たちの挽歌)となっています。

で、この主人公を演じているのは映画出演作品は結構あるものの、残念ながら日本未公開の作品ばかりなので、日本ではほとんど知名度のない韓国出身のマリア・ジョーことユエン・チーワイ

ユエン・チーワイ

未公開作には(ポリスストーリー)で有名な陽気なおじさん、トン・ピョウ主演のコメディ、(娶错老婆投错胎)や、フィリップ・コー主演のホラー(处女降)等、

香港映画らしい作品に出演しています。

娶错老婆投错胎
处女降

そして、いきなりのヌードシーンで思い切りのある登場から、後に主人公の相棒となるエイミー役で日本人キャスト宮本洋子が出演しています。

ただ、本国のデータベースにも他の香港作品への出演が見当たりませんでしたので、本作以外での目立った活躍はなかったようです。

結構な印象を残しているのでもったいないですね。

宮本洋子

そして、犯罪組織を検挙するため、二人の殺し屋にも接近してくる女性刑事を、(リーサルパンサー2)(詳しくはこちら)や、(群狼大戦)(詳しくはこちら)等のシベール・フーが演じ、

アクションシーンを盛り上げていきます。

シベール・フー

さらにラスボス役では、テレビドラマの出演が多く、映画では、チャウ・シンチー主演の(広州殺人事件)等、バイプレーヤーとして活躍しているローレンス・ン

ローレンス・ン
ローレンス・ン

そして、エイミーの彼氏役で、裏社会の人間を演じているのは、ジャッキー作品や、近年のドニー作品の強敵役でお馴染みのロー・ワイコン

ロー・ワイコン

そして、ローレンス・ンの部下の悪党役を、憎々しく演じている(天使行動)(詳しくはこちら)等のアレックス・フォンと、

ゴッド・フリーホー作品なのに、見渡してみると意外に豪華なキャスティングの作品となっています。

アレックス・フォン

という事で、ニコイチ映画で悪名高きゴッド・フリーホー作品ではありますが、まともな作品で、内容も至ってシンプルな(女たちの挽歌)となっていますので、

アクション好き、香港映画好き、ガンアクション好きの方などご鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

因みに、本作、日本では似たような内容の別作品が、(リーサルパンサー2)の邦題でリリースされていますが、

一応、正統なシリーズ第二弾(驚天龍虎豹2 格殺令)というフィリップ・コー監督、シンシア・ラスターこと大島由加里主演のアクションが翌年の1992年に製作されていますが、

そちらも同じような内容の作品というだけで1作目との繋がりはありません。

作品情報

1991年製作 香港製作 香港ノワールアクション

監督・製作 ゴッド・フリーホー

出演 マリア・ジョー(ユエン・チーワイ)、宮本洋子、シベール・フー、アレックス・フォン、ロー・ワイコン、ローレンス・ン、ホー・カークイ

↓ランキングに参加しています。宜しければ下記をクリックお願い致します。↓

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメントを残す